30代前半独身男性が結婚のために介護士から看護師への転職はあり?
30代前半独身男性が結婚のために介護士から看護師への転職はあり?

こんにちは、福祉転職.comのなっきーです。

 

30代前半の独身の中年男が、介護士から看護師になる場合のリスクって何ですか?

 

今回のモデルは、最終的な着地点が結婚をすること、そのためには現在介護士として働いているけど、収入が少なすぎるため、結婚後に安定した生活を送れるように、年収アップのため看護師への転職を希望しているものです。

 

看護師に転職するのはいいけど、

 

悩むポイント
  • 介護と看護の年収差、このモデルの場合だと約50万円のために看護師になる必要はあるのか?
  • 本当に看護師資格を取得したら結婚できるのか?

 

このような悩みが出てきました。

 

なっきー
結婚と転職って、こんなにも密接に関係しているのか!!

 

このまま介護士として働き続けながら、結婚相手を見つけるべきなのか?

 

それとも看護師の資格を取得して、転職してから結婚相手を見つけるべきなのか?

 

実際にこのような場面に直面すると、悩みますよね。

 

だって、今後の自分の人生がかかっているんですから。

 

今回は、30代前半の独身男性が、結婚のために看護師の資格を取得すべきかどうか、書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

結婚のために看護師資格を取得して転職するのはおすすめしません

 

 

 

30代前半で看護学校に入学した場合、卒業時には30代後半に、そして看護師の仕事を覚えて一人前になる頃には40代前半になっているでしょう。

 

収入面で年間約50万円アップが期待されますが、年収50万円アップのために結婚を10年近く先延ばしするのは勿体なくないですか?

 

10年といったら、結婚して1年は夫婦生活を楽しみ、妊娠。

 

更に1年後に子供が生まれたとした場合、介護士として働き40歳になった頃には、8歳の子供がいるわけです。

 

もし看護師の資格を取得してからうんぬんしていたら、子供が生まれて8歳になった頃には、あなたはもう50歳手前です。

 

自分の収入を固めてから結婚に踏み切ることはいいことだと思いますが、結婚・妊娠・子育てに関しては、後手に回すと周りは30代のパパなのに、自分だけ50代のパパになりかねません。

40代男性は婚活市場での需要は期待できない

 

 

 

よく年の差結婚という言葉を耳にしますが、40代で結婚する方の大半はどこかの企業の社長だったりします。

 

女性も年収1000万円~2000万円の男性を狙ってきています。

 

そこに年収500万円の看護師のあなたが、婚活市場に来たとしても、相手にされないでしょう。

 

だって、女性からすればあなたは、社長でもなければ結婚後にセレブにもなれそうにないんですから。

 

あなたがこれから起業して、どこかの施設の運営を考えているなら別ですが、看護師として病院ないし施設に雇われて働くなら、婚活はあまり期待しない方がいいでしょう。

あなたが結婚相手に求めるものとは?

 

 

 

あなたが結婚後、パートナーに求めるものは何ですか?

 

家事・育児ですか?

 

専業主婦ですか?

 

ここ最近の風潮ですが、イクメンという言葉をよく耳にします。

 

そう!時代はイクメンなんです。

 

夫が外に働きに出かけて稼ぎ、妻は家で家事・育児をする時代は終わりました。

 

今の時代、夫も妻も外に働きに出かけ稼ぐ、そして家事・育児は2人で協力しながらやるのが一般的になってきています。

 

正直、どの会社も給料が安すぎて、夫の収入だけでは生活していけないことが、原因の1つですが。

 

結婚後、家事・育児をしない夫は間違いなく干されます。

 

嫁子
ちっ!うちの夫、何もやらねぇ!

 

干されたくないなら、必死に家事・育児にも参加しましょう。

 

結婚相手が求めるものは、仕事をしつつ家事・育児にも積極的に参加してくれる夫です。

 

自分は働いて家にお金を入れるだけ、と考えているなら、今すぐその考えは捨てましょう!

それでも看護師の資格を取得して転職したい場合

 

 

 

どうしても看護師の資格を取得して、少しでも収入を上げたいと考えているなら、結婚してからでも遅くはありません。

 

意外と結婚後に看護師の資格を取得している人は多いんです。

 

私がみた例ですと、30代後半で看護学校へ入学し、40歳手前で卒業した社会福祉士持ちの人なんかもいます。

 

では、看護学校へ入学するタイミングですが、子育てが少し落ち着いてからがベストです。

 

1歳~3歳だと、どうしても子育てに追われる時期です。

 

個人的には幼稚園に入園できる3歳後がベストなのかな?と思います。

 

看護師の資格取得は逃げませんが、結婚時期はすぐに逃げてしまいます。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、結婚が厳しくなります。

転職をして収入を上げる方法

 

今の状態だと、どうしても生活面で心配が出てしまうと考えているなら、もう少し収入が上がる施設への転職も視野に入れるべきです。

 

収入が少ないから看護師の資格を取得するのは、収入を上げて結婚を考えるのよりは、明らかに遠回りですので、もう少し簡単に収入を上げる方法として転職を紹介しました。

 

転職といっても、どこの施設がどんな環境で、実際にどれくらいの給料がもらえるかなんて、働いてみてからでなければわかりません。

 

ハローワークでも教えてくれませんので、自分で転職先の情報収集をしなければいけなくなります。

 

ですが、それってものすごい効率が悪いです。

 

もっと簡単に施設の内情まで詳しく知って、条件良く転職をしたいなら「転職エージェント」を活用しましょう!

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう!

 

効率的に転職活動を進めるために、プロである転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうのが一番楽です。

 

転職エージェントは無料で利用できて、あなたの転職の悩みを解決してくれ、あなたのために厳選した優良求人を紹介してくれます。

 

履歴書・職務経歴書などの書類作成方法、面接のノウハウのアドバイス、面接日の設定、給料・待遇などの雇用条件の交渉まで、プロの目線からサポートしてくれます。

 

未経験だと志望動機の書き方に悩むことがありますが、コンサルタントと一緒に考えることができるので、1人で考えるよりも、濃厚な志望動機を書き上げることができます。

 

中には、人間関係や離職率などの会社の内部事情まで伝えてくれる転職エージェントも存在します。

 

事前に転職先の情報が入るのでホワイト企業orブラック企業の判断、劣悪な人間関係の職場を避けることができます。

 

転職エージェントとのやりとりは、メールか電話が基本なので(中には直接面談するケースもあり)会社にばれる心配もありません。

 

 

転職初心者の方が、働きながら1人で転職活動を進めるには限界があります。

 

特に20代の転職初心者や30代・40代の転職適齢期を過ぎた方は、転職の悩みは尽きません。

 

転職に成功している人と失敗している人の違いは、無理に1人で転職活動をして失敗するか、転職エージェントのコンサルタントサポートを受けながら転職活動をして成功するかの違いです。

 

転職・就職活動に失敗しないためにも、転職エージェントに登録して、コンサルタントを受けるのが1番ベストな方法ですし、働きながら転職活動を進める上で心理的にも楽です。

 

 

転職エージェントは非公開求人を数多く取り扱っているので、思わぬ求人と出会えます。

 

非公開求人の中には、無資格・未経験の向けの優良求人も数多く眠っていますし、有資格者向けの求人や管理職向けの求人もあります。

 

非公開求人の紹介は、転職エージェントへの登録が基本となりますので、まずは転職エージェントに登録をしましょう。

 

非公開求人に出会うことで、人生の選択肢を広げることもできます。

 

高卒・大卒などコンサルタントに細かく自分の経歴や希望を伝えることで、あなたにとってマッチングした求人を紹介してもらえます。

 

効率的に転職活動を進めるためにも、今回おすすめしたい転職エージェントが次のサイトです。

 

 

スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護は、業界最大手で全国対応の福祉系転職エージェントです。

 

こちらの転職エージェントの特徴で、人材コンサルタントが親身になり転職相談を受けてくれます。

 

運営母体が福祉施設や介護施設を運営しているので、現場をよく知っているコンサルタントばかりです。

 

求人数も他の福祉系転職エージェントと比べ多く、自分の転職ニーズにマッチングした求人と出会えることができます。

 


 

・スマイルSUPPORT介護 登録はこちら【5分で完了】

ここがおすすめ!
・業界最大手の転職エージェントなので、安心して利用できる
・福祉系転職サイトの中では、求人数が一番多い
・生活相談員特集、ケアマネジャー特集などがあり、求人が探しやすい
・管理職専門のハイクラス求人がある

転職エージェントに登録して、一度担当者の面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

 

きっと、あなたが満足いく転職活動になりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事