20代前半女性の転職。夫の協力で変わる子育て世代の働き方
20代前半女性の転職。夫の協力で変わる子育て世代の働き方

こんにちは、福祉転職.comのなっきーです。

 

高校、大学を卒業して働き、いいパートナーと巡り合えて結婚!

 

結婚後、1年近くは夫婦生活を楽しみ、そこから子作りをして出産。

 

今の職場に育休を申請し、1年近い育休をもらったけど、育休が終わって仕事に復帰しようも、今の職場は土日休みでもなければ、育児に理解のある職場か否かといわれれば、特に理解があるわけではない場合、今後子育てをしていくのに仕事を続けるべきなのか?

 

それとも、辞めるべきなのか?

 

究極の決断かと思います。

 

悩むポイント
  • 土日休みの仕事をしないと、保育所に子供を預けられないのではないだろうか?
  • 福祉の仕事で土日休みの仕事は、どんな仕事があるのか?
  • 夫は家事・育児に協力してくれるのだろうか?

 

仕事を辞めるのは簡単ですが、再就職は難しい。

 

今回は、出産後の仕事復帰と育児について書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

子育て世代の転職で、土日休みを希望するならデイサービスかケアマネの2

 

 

 

子育てをしながら仕事をする場合、まず子供の預け先の問題がでてきます。

 

今自分が働いている職場に、保育所があればいいですが、大半の方はないと思います。

 

その場合、市の保育所に預けようと考えますよね。

 

もし、市の保育所に預けるなら、市の保育所は土日が休みなので、子供の面倒をみるために、土日は自分が家にいないといけなくなります。

 

仮に介護の仕事をしていてシフト制だとすると、シフト制のままだと土日休みの確保は、ほぼ100%不可能でしょう。

 

(毎回土日休みを希望していたら、同僚から白い目でみられること間違いなしです。)

 

では、今の介護の経験を活かし、土日休みで働くためにはどうすればいいのか?

 

答えは簡単です。

 

転職しましょう!

 

簡単に転職といいましたが、介護職で土日休みが多いのはデイサービス、そしてケアマネジャー(以下、ケアマネ)です。

 

ケアマネの受験資格を得られそうならば、断然ケアマネとして転職した方が、土日に休める確立が高くなりますが、そうでない場合は土日休みが比較的多いデイサービスで働くことをおすすめします。

夫の協力が得られるなら、転職しない手もあり!

 

 

 

もし、あなたの夫がイクメンパパなら、夫の協力を得ましょう!

 

平日は子供を保育所に預けて、土日は夫に子供を預けることで、あなたは転職することなく、今の仕事を続けることができます。

 

ですが、今後教育費を貯めたい!と考えているなら、給与条件のいい職場に転職するのもありです。

 

世の中イクメン、イクメンと騒がれていますが、男女格差が縮まってきている現代、今まで女性が家事・育児をするのが当たり前でしたが、令和の時代は、男性が家事・育児をする時代が普通になっていると思います。

 

嫁子
夫に家事と育児はちょっと、、

 

と考えていたら、今からでもいいので夫に家事と育児をバンバン任せちゃってください!

 

夫も最初は家事・育児に不慣れですが、経験値が上がればあなた以上に力を発揮してくれるかもしれません。

子育て世代が転職する場合、子育てに理解のある職場を選ぼう!

 

 

 

もし、夫と共働きであなたが転職先を選ぶ場合、一番重要視したいポイントが「転職先の職場が子育てに理解があること」です。

 

たとえ、子育て以外の転職条件が完璧だった場合でも、子育てに全く理解のない職場だったら、仕事と子育ての両立ができなくなり、結果退職をしなければいけなくなります。

 

それならば、少しくらい給料が安くても、子育てに理解のある職場へ転職した方が、長続きしますし、何よりあなたの心に安心感が生まれてきます。

 

では、子育てに理解のある職場をどう探せばいいのか?

 

答えは「転職エージェント」を活用することです。

 

ハローワークですと、施設の内部事情まで詳しくは教えてくれないので、実際に働いてみないと内情を把握することができないでしょう。

 

そうなると、転職ギャンブルに陥ってしまいます。

 

ですが、転職エージェントの場合、施設の内部事情まで教えてくれますし、中には施設内の人間関係だったり、転職時の条件交渉を代行してくれたりします。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう!

 

効率的に転職活動を進めるために、プロである転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうのが一番楽です。

 

転職エージェントは無料で利用できて、あなたの転職の悩みを解決してくれ、あなたのために厳選した優良求人を紹介してくれます。

 

履歴書・職務経歴書などの書類作成方法、面接のノウハウのアドバイス、面接日の設定、給料・待遇などの雇用条件の交渉まで、プロの目線からサポートしてくれます。

 

未経験だと志望動機の書き方に悩むことがありますが、コンサルタントと一緒に考えることができるので、1人で考えるよりも、濃厚な志望動機を書き上げることができます。

 

中には、人間関係や離職率などの会社の内部事情まで伝えてくれる転職エージェントも存在します。

 

事前に転職先の情報が入るのでホワイト企業orブラック企業の判断、劣悪な人間関係の職場を避けることができます。

 

転職エージェントとのやりとりは、メールか電話が基本なので(中には直接面談するケースもあり)会社にばれる心配もありません。

 

 

転職初心者の方が、働きながら1人で転職活動を進めるには限界があります。

 

特に20代の転職初心者や30代・40代の転職適齢期を過ぎた方は、転職の悩みは尽きません。

 

転職に成功している人と失敗している人の違いは、無理に1人で転職活動をして失敗するか、転職エージェントのコンサルタントサポートを受けながら転職活動をして成功するかの違いです。

 

転職・就職活動に失敗しないためにも、転職エージェントに登録して、コンサルタントを受けるのが1番ベストな方法ですし、働きながら転職活動を進める上で心理的にも楽です。

 

 

転職エージェントは非公開求人を数多く取り扱っているので、思わぬ求人と出会えます。

 

非公開求人の中には、無資格・未経験の向けの優良求人も数多く眠っていますし、有資格者向けの求人や管理職向けの求人もあります。

 

非公開求人の紹介は、転職エージェントへの登録が基本となりますので、まずは転職エージェントに登録をしましょう。

 

非公開求人に出会うことで、人生の選択肢を広げることもできます。

 

高卒・大卒などコンサルタントに細かく自分の経歴や希望を伝えることで、あなたにとってマッチングした求人を紹介してもらえます。

 

効率的に転職活動を進めるためにも、今回おすすめしたい転職エージェントが次のサイトです。

 

 

スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護は、業界最大手で全国対応の福祉系転職エージェントです。

 

こちらの転職エージェントの特徴で、人材コンサルタントが親身になり転職相談を受けてくれます。

 

運営母体が福祉施設や介護施設を運営しているので、現場をよく知っているコンサルタントばかりです。

 

求人数も他の福祉系転職エージェントと比べ多く、自分の転職ニーズにマッチングした求人と出会えることができます。

 


 

・スマイルSUPPORT介護 登録はこちら【5分で完了】

ここがおすすめ!
・業界最大手の転職エージェントなので、安心して利用できる
・福祉系転職サイトの中では、求人数が一番多い
・生活相談員特集、ケアマネジャー特集などがあり、求人が探しやすい
・管理職専門のハイクラス求人がある

転職エージェントに登録して、一度担当者の面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

 

きっと、あなたが満足いく転職活動になりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事