社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の模試は受験すべき!?合格できる模試の受け方は?
社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の模試は受験すべき!?合格できる模試の受け方は?

前回はSTEP3で、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の勉強法について紹介しました。

 

 

合格できる勉強法を実践して、知識がインプットされているでしょうか?

 

知識をインプットしたら、今度は知識が定着しているか確認をしなければいけません。

 

そこで、模試を活用するのが最適です。

 

カミユ
模試なんて受けても受けなくても変わらないだろ!

 

なっきー
そんなことはないよ!模試を受験することは、知識の定着を確認する以外にも、色々なことを知ることができるんだ!

 

今回はSTEP4として、模試受験について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

合格するために模試は必要か?

 

試験に合格するために模試を受ける必要はあるかどうか?

 

他の資格試験を頻繁に受験している人は、受験する必要はないかと思いますが、初めて資格試験にチャレンジする方や、久しぶりに試験に挑戦する方は、模試受験をおすすめします。

 

模試を受験する意味とはなんでしょう?

 

それは、今の自分の実力を知ることです。

 

  • 合格点に到達しているのかどうか?
  • 合格まであと何点必要か?
  • 自分の得意科目と苦手科目は何か?
  • 模試での時間配分はどうだったか?

 

この4点を知ることで、模試受験後の勉強方法を対策することができます。

 

中でも、苦手科目がわかることで、模試受験後は苦手科目を重点的に勉強することができます。

 

そしてもう1点、社会福祉士の本試験では1問1分30秒ペースで問題を解いていかなければいけません。

 

模試で自分の解答ペースが遅いと感じたら、模擬問題集を買い足して、自宅で時間を計りながら解くのもいいでしょう。

 

カミユ
模試って、受けることで自分の苦手科目や解答ペースを知ることができるんだな!

 

なっきー
そうだよ!模試は今の自分の実力を知るためにも、受験した方がいいのかもね!

 

模試に関する記事が、下記リンクにあるのでよかったらどうぞ。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事