田舎で暮らすなら、介護職に就け!
田舎で暮らすなら、介護職に就け!

介護の仕事は稼げない、負け組ってよく言われますが、実は田舎だと稼げる職種の1つです。

 

稼げない!と言っているのは、都心に住む一部の人たちだけ。

 

実際、田舎には介護か?看護か?二択に一択の職業選びしかありません。

 

田舎で介護か看護以外の仕事を探した場合、月収15万円で賞与なしの求人ばかりが目立ちます。

 

介護の仕事は、男性でも女性でも、田舎だと就いている人が多く、収入もそこそこなので結婚後も下手に転職せずに続けられる仕事です。

 

「介護は給料が安いから!」と思っている方や、専業主婦をやっていたけど、子供が中学校へ進学し、部活動を始めたので、働く時間が出来たけど、どんな仕事をすればいいのか悩んでいる方は、一度この記事に目を通してください。

 

今回は、田舎で介護職に就くと、どんなメリットが待っているのかご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

田舎暮らしは介護職で稼ぐのがおすすめ!

田舎だとハローワークに行っても求人が全くありません。

 

正確には求人があるのですが、月収15万円で賞与なしの求人だったり、求人のほとんどが派遣・パート・アルバイトでまともな正社員求人なんて、ほとんどないのです。

 

ですが、介護の仕事は違います!

 

田舎だと、介護は公務員並みに安定している仕事の1つで、無資格・未経験でもブラック企業のような安月給ではなく、それなりの給料が出ますし、何よりハローワークで求人を探していると、ボーナスが無い正社員求人が多いですが、正社員で介護職に就いた場合、きちんとボーナスも支給されます。

 

それなりの給料に加え、ボーナスも支給されるので、正社員求人で狙う仕事にもってこいです。

 

介護の仕事に就く場合、男性の方ですと正社員での就職にこだわる必要がありますが、女性でも正社員で就職を狙う必要があることをご存知ですか?

 

子育て中の女性ですと、フルタイム勤務は厳しいからパートの介護で頑張ろう!と考えがちですが、ちょっとお待ちください!

 

1番最初に、正社員で介護職に就いた場合とパートで就いた場合では、今後介護の仕事を続けていった場合、将来大きな差が出てきます。

 

介護の業界って、他の業界と違い、終身雇用ではなく、資格を取得していき転職する方が大多数です。

 

そこで、正社員として介護の仕事をしてきたか、それともパートで介護の仕事をしてきたかでは、履歴書の職歴欄を書く際の見栄えが違ってきます。

 

女性でも、介護の仕事に就くには正社員にこだわらなければいけない理由が、そこなのです。

 

更に、無資格・未経験でも、段階的に資格を取得していくことで、将来的に夫と同じくらいの給料を貰うことも可能です。

 

1番最初は、給料が安いかもしれませんが、介護福祉士を取得し、ケアマネジャーの資格を取得した場合、月給25万〜30万円以上を狙えますし、勤務先も介護施設ではなく、社会福祉協議会や居宅介護支援事業所と移っていくので、自分が50代・60代になった将来を想像して、現役で介護の仕事をしていることが、身体的に辛いと考えるなら、ケアマネジャーの資格を取得して、ケアプラン作成業務に就くことで、身体的な辛さは解消されるでしょう。

 

普通に介護の仕事をしていても稼げますが、ケアマネジャーの資格を取得した場合、月給25万〜30万円以上が狙えるので、田舎暮らしほど、介護の仕事は稼げるのです。

田舎だと、介護職と他業種の賃金差があまりない

では、田舎暮らしだと何故?介護職が稼げるのか?

 

まず田舎だと冒頭にも書いた通り、介護or看護しか正社員を狙う道がありません。

 

実際には他にも正社員求人はあるのでしょうが、田舎は物価も安いですし、他業種と比較しても田舎だと介護と他業種の賃金差って、あまりないんですよ。

 

基本給は安いかもしれませんが、ボーナスだってしっかり出る施設が多数ですし、処遇改善手当も月に数万円支給されます。

 

資格を取得すると、資格手当も支給されるので、あれよあれよと言っているうちに、基本給の1.5倍近くの手取りになるんですよね。

 

ハローワークの求人だけでは読み取れない介護職の給料って、ここの部分なんです。

 

世間一般的な普通の生活をするなら、夫の稼ぎにプラスしてあなたが正社員として介護職で働くことで、普通の生活以上の贅沢な生活も夢ではありません。

田舎だと高齢者が多いので、介護職は引く手数多

田舎の介護職ほど安定している職業は、他にありません。

 

なぜって?、それは田舎ほど高齢者の人数が多いからです。

 

あなたが定年を迎えるまで、よほどのことがない限り、介護の仕事が無くなることはないでしょう。

 

これだけ超高齢社会と言われているのですから、コンスタントに入所者が入ってくる施設なら、経営に苦しいことはないです。

 

あなたはコンスタントに入所者が入ってくる経営に余裕のある施設を探し出すだけ。

 

無事に内定をもらえば、それなりの給料とボーナスがもれなくセットでついてきます。

専業主婦は介護職を狙うべき!

主婦業をしながら、パートタイムで仕事をしている方はたくさんいますが、スーパーのレジ打ちや清掃のパートをするなら、介護職を狙うべきです!

 

これからの日本は、年金支給額が年々引き上げられていきます。

 

今の30代以上の方ですと、年金支給時には70歳を超えているかもしれません。

 

そうなると、必然的に将来の蓄えが心配になってきます。

 

将来のために、少しでもお金を蓄えたいですが、パートで働いて夫の扶養に入ると、妻の収入は「年収130万円の壁」にぶち当たります。

 

夫の扶養に入っていると、妻は年収130万円以上の収入があると、夫の扶養から外れなければいけないです。

 

パートで働いている主婦の方は、夫の扶養から外れたくないので、パートで働いていても、130万円以上の収入にならないように、調整している方が大半です。

 

夫の扶養から外れないように、年収130万円以上の収入にならないよう調整をしていては、夫婦2人の収入だけで、老後に必要な貯蓄は十分にできません。

 

そこで、妻もパート勤務ではなく、正社員で働くことが必要になってきます。

 

正社員で働こうと思っても、どの職種で働けばいいのか悩みます。

 

そこで私がおすすめしたいのが、介護職なのです。

 

介護の仕事の大部分は、日常生活のお世話なので、普段専業主婦で家事経験がある方は、介護の仕事にすんなりと入り込めます。

 

私の職場でも、無資格・未経験で入社してきた専業主婦の方が多いですが、入社当初は「未経験だし、介護の仕事ができるかどうか不安!他人の便処理なんてできるかしら?」と言っていた方でも、1年、そして2年経過すると便処理業務も上手にこなすことができますし「専業主婦だった私でも、介護の仕事ができた!」と自信をつけているので、今から介護の仕事に就こうと考えている方は、まずは介護の仕事に就けるよう、ハローワークなり介護転職サイトで求人を探してみましょう。

田舎にある基本給10万円以下の施設

基本給10万円以下?と聞くと、コンビニの深夜アルバイトより待遇が悪いのではないか?と疑ってしまいますが、全然そんなことはありません。

 

実際に基本給10万円以下の施設で働いたことのある私が言うのだから、間違いはないでしょう!

 

最初、この求人を見かけたときは、目を疑いましたが、正社員募集で基本給10万円以下、賞与5ヶ月分以上、夜勤手当1万円と書いてあり「田舎だからしょうがないか!」と軽い気持ちで、その施設に入りました。

 

蓋を開けてみると、あらびっくり!

 

色々手当がつき、基本給が10万円以下なのにも関わらず、夜勤込みで手取り20万円以上になったのです!

 

近隣の施設と比べても、手取りの額は変わりません。

 

近隣の施設は、もう少し基本給が高いらしいのですが、残業や休日出勤が多い反面、基本給が10万円以下の施設は、残業なし!休日出勤なし!の超ホワイト企業でした。

 

田舎の求人は、各種手当が無かったり、ボーナスが無かったりで、月の手取り15万円以下の求人がゴロゴロしている中、私のように、お宝求人を掘り出せるチャンスもあります!

 

あなたが月に20万円も稼ぐのですから、夫と合わせると、世帯月収が月に50万円以上になる可能性もあります。

 

私は今でも、介護は稼げないと心の奥底では思っています。

 

ですが、それは日本全国の全産業の年収を見た場合の話です。

 

田舎だけで考えるなら、はっきり言って高収入の部類に入りますし、安定していて、もし介護から介護へ転職を考えているなら、自分のスキル次第では、より収入をアップさせることもできると、私は思っています。

 

田舎で介護は稼げない!」は都市伝説なのです。

介護福祉士で公務員も狙える!

介護の仕事で公務員募集している自治体は意外と多いです。

 

給料は地方公務員一般事務の15万〜18万からは多少下がりますが、公務員だと安定しているし、賞与もしっかりでるし、公務員介護福祉士の1番のメリットは何と言っても退職金でしょう!

 

地方で退職金のある会社なんて、今の時代聞いたことありませんよ!

 

なのに、公務員介護福祉士の場合、退職金だけで2000万円〜3000万円を長年勤め上げることで、貰うことができるのです。

 

介護の仕事って、低賃金な印象ですが、実は公務員という抜け道もあるんです。

田舎だと介護の仕事は間違いなく稼げます!

田舎だと介護の仕事は安定していて間違いなく稼げます。

 

パートで稼ぐより、介護職になって介護福祉士の資格を取得後、公務員に転身することも可能ですし、公務員とまではいかなくても、社会福祉法人に就職した場合、準公務員扱いの給料と福利厚生が待っているので、給料も高いです。

 

子供の学費も稼げますし、老後の蓄えにすることもできますね。

 

少しでも条件の良い求人に出会うためにも、「転職エージェント」を活用して転職活動をすることをおすすめします。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう!

 

効率的に転職活動を進めるために、プロである転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうのが一番楽です。

 

転職エージェントは無料で利用できて、あなたの転職の悩みを解決してくれ、あなたのために厳選した優良求人を紹介してくれます。

 

履歴書・職務経歴書などの書類作成方法、面接のノウハウのアドバイス、面接日の設定、給料・待遇などの雇用条件の交渉まで、プロの目線からサポートしてくれます。

 

未経験だと志望動機の書き方に悩むことがありますが、コンサルタントと一緒に考えることができるので、1人で考えるよりも、濃厚な志望動機を書き上げることができます。

 

中には、人間関係や離職率などの会社の内部事情まで伝えてくれる転職エージェントも存在します。

 

事前に転職先の情報が入るのでホワイト企業orブラック企業の判断、劣悪な人間関係の職場を避けることができます。

 

転職エージェントとのやりとりは、メールか電話が基本なので(中には直接面談するケースもあり)会社にばれる心配もありません。

 

 

転職初心者の方が、働きながら1人で転職活動を進めるには限界があります。

 

特に20代の転職初心者や30代・40代の転職適齢期を過ぎた方は、転職の悩みは尽きません。

 

転職に成功している人と失敗している人の違いは、無理に1人で転職活動をして失敗するか、転職エージェントのコンサルタントサポートを受けながら転職活動をして成功するかの違いです。

 

転職・就職活動に失敗しないためにも、転職エージェントに登録して、コンサルタントを受けるのが1番ベストな方法ですし、働きながら転職活動を進める上で心理的にも楽です。

 

 

転職エージェントは非公開求人を数多く取り扱っているので、思わぬ求人と出会えます。

 

非公開求人の中には、無資格・未経験の向けの優良求人も数多く眠っていますし、有資格者向けの求人や管理職向けの求人もあります。

 

非公開求人の紹介は、転職エージェントへの登録が基本となりますので、まずは転職エージェントに登録をしましょう。

 

非公開求人に出会うことで、人生の選択肢を広げることもできます。

 

高卒・大卒などコンサルタントに細かく自分の経歴や希望を伝えることで、あなたにとってマッチングした求人を紹介してもらえます。

 

効率的に転職活動を進めるためにも、今回おすすめしたい転職エージェントが次のサイトです。

 

 

スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護は、業界最大手で全国対応の福祉系転職エージェントです。

 

こちらの転職エージェントの特徴で、人材コンサルタントが親身になり転職相談を受けてくれます。

 

運営母体が福祉施設や介護施設を運営しているので、現場をよく知っているコンサルタントばかりです。

 

求人数も他の福祉系転職エージェントと比べ多く、自分の転職ニーズにマッチングした求人と出会えることができます。

 


 

・スマイルSUPPORT介護 登録はこちら【5分で完了】

ここがおすすめ!
・業界最大手の転職エージェントなので、安心して利用できる
・福祉系転職サイトの中では、求人数が一番多い
・生活相談員特集、ケアマネジャー特集などがあり、求人が探しやすい
・管理職専門のハイクラス求人がある

転職エージェントに登録して、一度担当者の面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

 

きっと、あなたが満足いく転職活動になりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事