新型うつ病、本当の病名と症状を知っていますか?
新型うつ病、本当の病名と症状を知っていますか?

こんにちは。

 

一時期話題になっていた新型うつ病ですが、最近また話題になっています。

 

新型うつ病とは別に、五月病という病気もありますが、4月に新卒が入社して、1ヶ月後には五月病になり、気力が無くなる話をよく聞きます。

 

五月病になってしまう原因は、入社後に社風が合わなかった、先輩職員や上司のパワハラが酷い、残業続きで体力的にも精神的にも辛い、入社した会社が実はブラック企業だったなどの原因がありますね。

 

仕事を始めたばかりですと、仕事を早く覚えなければいけない、会社のお荷物にはなりたくない!と誰しもが思います。

 

ですが、実際に仕事をしていると空回りの連発で、毎日のように先輩職員や上司に叱責される毎日が続きます。

 

すると気がつけば、やる気も気力も無くなり、だんだんと仕事に行くのも億劫になっていき、ある日突然原因不明の吐き気や頭痛に襲われるのです。

 

何か病気のサインなのか?それともただの風邪なのか?

 

あなたの中では、もう何がなんだかわからない状態です。

 

ですが、その体調不良のサインを見逃してはいけません。

 

そう、新型うつ病、五月病発症のサインなのです。

 

新型うつ病、五月病、共にそのままにしておくと、恐ろしい病気に発展してしまいます。

 

この病気が発症しているときには、もうあなたの中では「今の仕事を辞めたい!」と意思が固まっているのです。

 

無理をすることはありません。

 

あなたは今の状況を抜け出したい!辛い毎日から解放されたい!

 

「そう、今すぐその仕事を辞めましょう!」と私はアドバイスします。

 

あなたが今の仕事を辞めたい!と心の中で1ミリでも思っているならば、辞めて心のモヤモヤを無くしてしまえばいいのです。

 

では、具体的に仕事を辞めるときは、どうすればいいのか?

 

仕事を辞めた後のことを考えなくてはいけません。

 

今回は、新型うつ病についての記事を含め、サプリメントの紹介と今の仕事から次の仕事を見つけるまでの転職活動のお手伝いについての記事を書いていきます。

 

スポンサーリンク

新型うつ病と5月病の本当の病名は?

新型うつ病と五月病の正体は「適応障害」です。

適応障害とは?

はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害である。 (Wikipediaより引用)

適応障害になると、どうなるか?

適応障害の症状
・胸が重くなる
・食欲がなくなる
・朝早く目が覚めてしまう
・寝付けない
・突然高熱が出たと思ったら、風邪でもなく数日で下がる
・記憶力がなくなる

怠け病と勘違いされる

ある特定の条件下でのみ、うつ病の症状が出ることから、周りからは「ただの怠け病なのでは?」と思われますが、本人は決して怠けているわけではありません。

 

例えば、会社ではうつ病の症状が出るのに、仕事が終わって帰宅して、友達との飲み会には参加できる。

 

ただ仕事がしたくないだけでは?と周りは思ってしまいます。

 

適応障害は、決して怠けているのではないのです。

 

本人は必死にその環境に適応しようと努力しているのです。

 

必死に適応しようと努力したけど、適応出来なかった。

 

その結果、適応障害になってしまうのです。

会社の人間関係が合わない場合

もし新卒で入った会社や転職先の会社で、人間関係が合わなかった場合を例にしてみます。

 

各職場毎に職場の雰囲気が必ずあります。

 

新しく働くことになった会社の人材教育方針が、一から手取り足取り仕事を教えるのではなく、仕事は見て覚えるもの、なので私達は一切教えませんし、質問されても答えません、という会社だったとします。

 

仮に仕事がわからなくて聞いたものなら、

 

「本に書いてあるしょ?調べれば?」

 

「ネットで検索したら?」

 

「電話で聞いたら?」

 

と投げ出されてしまいます。

 

勿論、仕事を覚えられないので、先輩職員からは「使えないやつ」とレッテルを貼られてしまいます。

 

自分では必死に仕事を覚えているつもりなのに、周りからみたら「こいつヤル気あるのか?」と思われているのです。

 

周りから見たあなたは、仕事が全くできない新人職員なので、先輩職員も段々苛立ちが重なり、何故覚えることができないのか?どうすれば覚えることができるのか?いつまでに覚えることができるのか?自分達の業務時間を割いて聞いてきます。

 

ですが、仕事のできない新人職員の視点では、もはや尋問他ならないのです。

 

「はぁ〜、明日も仕事に行ったら尋問されるのか?」

 

「使えない新人だと思われている」

 

そう心の中で思っていると、精神的に負のオーラを発して、胸が重くなり、腹痛になったり、食欲が無くなってきます。

 

段々と職場に行くのが辛くなってくるのです。

 

その症状をそのまま放置していると、症状は重症化していき、思考能力が低下して、記憶力の低下し、相手の言葉が理解できなくなっていきます。

 

夜寝ていても症状は現れ、1日で寝ている間だけ胸の重みが無くなりますが、6時に起きるはずなのに、朝の2時に目が覚めて、そのまま寝れなくなってしまいます。

 

寝ようとしても、仕事へ行く不安と胸の重みで全く寝れないのです。

 

もうこの時点で、自分の精神状態の制御ができない状況です。

 

職場の人間関係が合わなくなり、適応障害に陥ってしまいます。

もし精神的に辛くなったら?その1:サプリメントでセロトニンの補充

適応障害、うつ病になると、ネガティブ思考、睡眠障害、食欲不振などの症状があらわれてきます。

 

そこで、それらの症状を改善するのに注目したいのが「セロトニン」です。

セロトニン(serotonin)、別名5-ヒドロキシトリプタミン(5-hydroxytryptamine、略称5-HT)は、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。名称はserum(血清)とtone(トーン)に由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられた。ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。 (Wikipediaより引用)

 

セロトニンについて簡潔に説明すると、セロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。

 

セロトニンが不足すると、ネガティブ思考になったり、睡眠不足になったり、内臓の動きが悪くなり食欲不振になったりします。

 

セロトニンは、体内にアミノ酸の一種であるトリプトファンという栄養素を取り入れることで合成される物質です。

 

トリプトファンが含まれる食材を摂取することで、セロトニンが生成されるのではないか?と思いますが、適応障害。うつ病になると、神経伝達物質であるセロトニンに異常が発生しているのです。

トリプトファンが含まれる食材
・豆腐
・納豆
・味噌
・醤油
・チーズ
・ヨーグルト
・バナナ
・etc...

普通に食材からトリプトファンを補充して、セロトニンを生成することができないのですから、外部からセロトニンを補充しなければいけなくなります。

 

ちなみに、セロトニン不足になると、心のバランスが崩れて精神が不安定になってしまい、睡眠にも悪い影響を与えてしまいます。

 

適応障害やうつ病になると、睡眠障害に陥る原因は、ここにあるのです。

 

では、セロトニン不足になり、体内でセロトニンが上手に生成されなくなったときには、サプリメントでセロトニンを補充するといいでしょう。

もし精神的に辛くなったら?その2:転職する

適応障害になり、そのままにしておくと、症状が進行して、うつ病に発展してしまうかもしれません。

 

幸い、適応障害はストレスを感じている要因から切り離すことで、症状はみるみる内に改善していきます。

 

ストレスから切り離し、6ヶ月程で症状は現れなくなり、寛解します。

 

もし、今の職場が合わなくて、適応障害の症状が出たならば、すぐに転職をすべき理由がここにあります。

 

効率的に転職活動を進めるためにも、「転職エージェント」を活用することをおすすめします。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう!

 

効率的に転職活動を進めるために、プロである転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうのが一番楽です。

 

転職エージェントは無料で利用できて、あなたの転職の悩みを解決してくれ、あなたのために厳選した優良求人を紹介してくれます。

 

履歴書・職務経歴書などの書類作成方法、面接のノウハウのアドバイス、面接日の設定、給料・待遇などの雇用条件の交渉まで、プロの目線からサポートしてくれます。

 

未経験だと志望動機の書き方に悩むことがありますが、コンサルタントと一緒に考えることができるので、1人で考えるよりも、濃厚な志望動機を書き上げることができます。

 

中には、人間関係や離職率などの会社の内部事情まで伝えてくれる転職エージェントも存在します。

 

事前に転職先の情報が入るのでホワイト企業orブラック企業の判断、劣悪な人間関係の職場を避けることができます。

 

転職エージェントとのやりとりは、メールか電話が基本なので(中には直接面談するケースもあり)会社にばれる心配もありません。

 

 

転職初心者の方が、働きながら1人で転職活動を進めるには限界があります。

 

特に20代の転職初心者や30代・40代の転職適齢期を過ぎた方は、転職の悩みは尽きません。

 

転職に成功している人と失敗している人の違いは、無理に1人で転職活動をして失敗するか、転職エージェントのコンサルタントサポートを受けながら転職活動をして成功するかの違いです。

 

転職・就職活動に失敗しないためにも、転職エージェントに登録して、コンサルタントを受けるのが1番ベストな方法ですし、働きながら転職活動を進める上で心理的にも楽です。

 

 

転職エージェントは非公開求人を数多く取り扱っているので、思わぬ求人と出会えます。

 

非公開求人の中には、無資格・未経験の向けの優良求人も数多く眠っていますし、有資格者向けの求人や管理職向けの求人もあります。

 

非公開求人の紹介は、転職エージェントへの登録が基本となりますので、まずは転職エージェントに登録をしましょう。

 

非公開求人に出会うことで、人生の選択肢を広げることもできます。

 

高卒・大卒などコンサルタントに細かく自分の経歴や希望を伝えることで、あなたにとってマッチングした求人を紹介してもらえます。

 

効率的に転職活動を進めるためにも、今回おすすめしたい転職エージェントが次のサイトです。

 

 

スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護は、業界最大手で全国対応の福祉系転職エージェントです。

 

こちらの転職エージェントの特徴で、人材コンサルタントが親身になり転職相談を受けてくれます。

 

運営母体が福祉施設や介護施設を運営しているので、現場をよく知っているコンサルタントばかりです。

 

求人数も他の福祉系転職エージェントと比べ多く、自分の転職ニーズにマッチングした求人と出会えることができます。

 


 

・スマイルSUPPORT介護 登録はこちら【5分で完了】

ここがおすすめ!
・業界最大手の転職エージェントなので、安心して利用できる
・福祉系転職サイトの中では、求人数が一番多い
・生活相談員特集、ケアマネジャー特集などがあり、求人が探しやすい
・管理職専門のハイクラス求人がある

転職エージェントに登録して、一度担当者の面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

 

きっと、あなたが満足いく転職活動になりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事