30代ニートこそ介護職で正社員を狙うべき!アルバイトで社会復帰をしてはいけない理由。
30代ニートこそ介護職で正社員を狙うべき!アルバイトで社会復帰をしてはいけない理由。

ニートで社会人経験がない方の多数が、アルバイトをしながら社会復帰をしようとしますが、実は30代ニートの方が、アルバイトで社会復帰をしてはいけない理由をご存知でしょうか。

 

私も以前、飲食店の正社員として働いていた時期がありました。

 

私が働いていた会社のシフトを紹介すると、8時から17時、17時から22時、22時から7時の3つの時間帯にシフトを区切られています。

 

各時間帯に、どんな年齢層の方が働きにきているのか?

 

  • 8時から17時→30代・40代・50代で主婦パート勤務、10代・20代で夏休み・冬休みの学生
  • 17時から22時→10代・20代の高校生と大学生
  • 22時から7時→20代のフリーター、50代のリストラ組

 

大体、このような層の方が働きに来ていました。

 

30代になると、アルバイトでも高齢層に属するようになります。

 

特に10代・20代の方と一緒に働いていたら「負け組」のレッテルを貼られ、職場でも居心地が良くありません。

 

それならば、30代の主婦が多い時間帯に勤務しようと考えますが、30代フリーターとなると「この人いい年して、一生フリーターで働くつもりなのかしら?」と変な目で見られます。

 

逆に50代が多い夜勤に入ろうとすると、今までニートで生活してきた身体で、いきなり夜勤勤務をこなそうとしても、肉体的にも精神的にも辛いものがあります。

 

夜は長いので、できるなら昼間の時間帯で少しずつ働き、身体を慣らした方が得です。

 

30代になると、未経験正社員で採用される可能性が低くなりますが、実は介護職なら簡単に正社員として働くことができることをご存知でしょうか。

 

今回は、ニートこそ介護職で正社員を目指すべき理由を執筆していきます。

 

スポンサーリンク

ニートとは?

就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語である。日本では、15~34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している。 (Wikipediaより)

 

ネット(2chなど)ではよく公務員目指し、公務員浪人を続けますが、最終的に不合格でニートになるケースをよくみかけます。

 

ニート歴が続くと、家族・親戚・友人・社会からの目線も厳しく感じるようになります。

 

「いい年して仕事もしないで、親のスネをかじりながら生活するなんて、みっともない!」

 

実際、私も半年ほどニート生活をしたことがありますが、周囲からの目線は厳しいものがありました。

 

そしてニートを続けることで、家族以外の人と接することも少なくなり、次第にコミュ障になっていく自分がいました。

 

外に出ても、他人と上手に会話ができないのです。

 

どのように話をしていいのかわからない。

 

お陰で面接で失敗が続き、不採用の連続でメンタルが削られる日々でした。

 

逆にニートからの成功例では、大学中退→ニート→派遣社員→正社員へ下克上を果たした方もいます。

 

本気でニートから脱出したい気持ちがあったら、中卒でも高卒でも、そして大卒でも仕事が見つかるチャンスはいくらでもあるのです。

 

Fラン大学出身で、ニート生活を5年も続けたから、就職は無理だろう!と心の中で思っていても、自己分析をしっかりとして自分が就きたい職種を探す、入りたい会社の予備知識をつけて志望動機も練り面接に挑むことで、選考に残り、内定はいくらでももらえるので、正社員の道はそう遠くはないでしょう。

 

30歳を超えてニートを続けていると、悲惨な末路が待っているので、27歳くらいまでには正社員として働いていることが理想です。

知っていますか?正社員とアルバイトの違い!

正社員とアルバイトは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

正社員とアルバイトの労働時間の差は、それほどありません。

 

ですが、将来的に待遇や保障は、正社員の方が優れています。

 

基本的な考え方で、正社員は1ヶ月に支給される給与の額が決められており、欠勤・遅刻・早退することにより、月給から差し引かれていくのに対し、アルバイトの場合は時給・日給制で、働いた時間数により、月給が変わってきます。

 

正社員とアルバイトの具体的な違いは、、、

 

正社員とアルバイトの違い
①アルバイトは時給制で年の昇給も微々たるもの(10円単位)、それに対し正社員は人事考課や業績に応じ大幅な昇給とボーナス(賞与)支給があります。ボーナスの支給で、アルバイトと正社員の年収が100万円近く広がる可能性もあります。
②正社員には手当があり、例えば主任に昇格したら主任手当、介護福祉士の資格取得をしたら資格手当、家賃や住宅ローン返済補助の住宅手当、家族がいる場合は扶養手当、通勤にかかる交通費支給の通勤手当などが支給されます。
③アルバイト・正社員の生涯年収を比較すると、アルバイトで一生働いた場合は8千万円なのに対し、正社員の場合は2億円以上になります。
④アルバイトの場合、労働時間が短い場合は社会保険に加入できない場合があります。社会保険に加入するメリットは、国民健康保険の保険料が全額自己負担なのに対し、社会保険に加入した場合は企業が保険料を一部負担してくれます。例えば、保険料が月10,000円の場合、国民健康保険だと全額自己負担になるので、自分で10,000円を国に支払わなければいけませんが、社会保険の場合、個人が5,000円、会社が5,000円の支払いとなり(具体的な比率は忘れました)5,000円得です。
⑤アルバイト・正社員の仕事内容について比較すると、アルバイトの場合は責任のない簡単な単純作業が主です。逆に正社員は責任があり、やりがいも感じられる仕事が任されます。飲食店を例にあげてみると、アルバイトは店舗の接客・調理・清掃が主な業務となりますが、正社員の場合、店舗の食材管理、アルバイトの採用・教育、シフト作成と調整、そしてエリアマネジャーに昇格すると、エリア社員の教育・管理、店舗改善など業務は多岐に渡ります。
⑥アルバイト・正社員の働く環境を比較すると、アルバイトは採用された地で生涯働くのに対し、正社員の場合は定期的な人事異動があり、新しいステージで仕事に挑戦することができます。飲食店の場合、人事考課によっては、店舗勤務から本社勤務になる可能性もあります。

介護職で正社員を目指す!

介護業界は引く手数多で、求職者需要が高い業界です。

 

人手不足に対し、国はEPAによる介護士候補者を受け入れ、介護人材不足を外国人労働者で補おうとしています。

 

それくらい介護業界は人手不足なのです。

 

30代ニートから介護職で正社員を目指すメリットとして、介護転職サイトの資格取得応援制度を無料で利用して介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)→実務者研修→介護福祉士→ケアマネジャー(介護支援専門員)へとキャリアアップを望めるからです。

 

ケアマネジャーとして相談業務に数年就くことで、社会福祉士や精神保健福祉士などの福祉最高峰の資格にチャレンジすることも可能です。

 

大学を卒業している場合、通信制の専門学校へ2年間通うことで、社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験受験資格を得ることもできます。

 

介護員として就業当初は、年収250万円前後だったのに対し、介護福祉士を取得して主任に昇格することで年収300万円以上、ケアマネジャーとして働き年収400万円以上、社会福祉士の資格を取得し施設長へ昇格することで年収700万円以上になる可能性もあります。

 

世間一般では福祉業界が低賃金と言われていますが、実はそうでもないのです。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう!

 

効率的に転職活動を進めるために、プロである転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうのが一番楽です。

 

転職エージェントは無料で利用できて、あなたの転職の悩みを解決してくれ、あなたのために厳選した優良求人を紹介してくれます。

 

履歴書・職務経歴書などの書類作成方法、面接のノウハウのアドバイス、面接日の設定、給料・待遇などの雇用条件の交渉まで、プロの目線からサポートしてくれます。

 

未経験だと志望動機の書き方に悩むことがありますが、コンサルタントと一緒に考えることができるので、1人で考えるよりも、濃厚な志望動機を書き上げることができます。

 

中には、人間関係や離職率などの会社の内部事情まで伝えてくれる転職エージェントも存在します。

 

事前に転職先の情報が入るのでホワイト企業orブラック企業の判断、劣悪な人間関係の職場を避けることができます。

 

転職エージェントとのやりとりは、メールか電話が基本なので(中には直接面談するケースもあり)会社にばれる心配もありません。

 

 

転職初心者の方が、働きながら1人で転職活動を進めるには限界があります。

 

特に20代の転職初心者や30代・40代の転職適齢期を過ぎた方は、転職の悩みは尽きません。

 

転職に成功している人と失敗している人の違いは、無理に1人で転職活動をして失敗するか、転職エージェントのコンサルタントサポートを受けながら転職活動をして成功するかの違いです。

 

転職・就職活動に失敗しないためにも、転職エージェントに登録して、コンサルタントを受けるのが1番ベストな方法ですし、働きながら転職活動を進める上で心理的にも楽です。

 

 

転職エージェントは非公開求人を数多く取り扱っているので、思わぬ求人と出会えます。

 

非公開求人の中には、無資格・未経験の向けの優良求人も数多く眠っていますし、有資格者向けの求人や管理職向けの求人もあります。

 

非公開求人の紹介は、転職エージェントへの登録が基本となりますので、まずは転職エージェントに登録をしましょう。

 

非公開求人に出会うことで、人生の選択肢を広げることもできます。

 

高卒・大卒などコンサルタントに細かく自分の経歴や希望を伝えることで、あなたにとってマッチングした求人を紹介してもらえます。

 

効率的に転職活動を進めるためにも、今回おすすめしたい転職エージェントが次のサイトです。

 

 

スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護は、業界最大手で全国対応の福祉系転職エージェントです。

 

こちらの転職エージェントの特徴で、人材コンサルタントが親身になり転職相談を受けてくれます。

 

運営母体が福祉施設や介護施設を運営しているので、現場をよく知っているコンサルタントばかりです。

 

求人数も他の福祉系転職エージェントと比べ多く、自分の転職ニーズにマッチングした求人と出会えることができます。

 


 

・スマイルSUPPORT介護 登録はこちら【5分で完了】

ここがおすすめ!
・業界最大手の転職エージェントなので、安心して利用できる
・福祉系転職サイトの中では、求人数が一番多い
・生活相談員特集、ケアマネジャー特集などがあり、求人が探しやすい
・管理職専門のハイクラス求人がある

転職エージェントに登録して、一度担当者の面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

 

きっと、あなたが満足いく転職活動になりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事