福祉住環境コーディネーター検定試験の教材選び!おすすめの参考書、過去問、一問一答は?
福祉住環境コーディネーター検定試験の教材選び!おすすめの参考書、過去問、一問一答は?

こんにちは。

 

今回ですけれども、福祉住環境コーディネーター検定試験の勉強には、どんなテキストと問題集を選べばいいのか紹介をしていきます。

 

本屋へ行くと、いくつかの出版社から参考書、過去問、一問一答などの勉強教材が販売されています。

 

正直な話、どの教材を選べばいいのか迷いますよね。

 

口コミやランキング、みんなのレビューからどんなテキストが評判がいいのか?ネットでの売れ筋から購入テキストを吟味するのも1つの方法で、

 

「この参考書を買って合格した!」

 

「この問題集を解いたけど不合格だった!」

 

など、ネット上では色々な声を聞きます。

 

合格した人が使っていた教材を使えば、自ずと合格へ近づくのではないか?と考えてしまいます。

 

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士ほど、多くの教材は販売されていませんが、私が実際に使って合格した過去問と一問一答、そしておすすめのテキストと問題集の感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

私が実際に使ったテキストと過去問、一問一答!

福祉住環境コーディネーター検定試験の2級と3級は、短期間の勉強で十分に合格できます。

 

ですが、私は集中力がないので、ダラダラと半年ほど勉強して合格しました。

 

短期間で合格するためには、スキマ時間を活用した一問一答勉強法が効果的ですが、残念ながらU-CANの一問一答が発売されているのは、2級からとなります。

U-CAN(ユーキャン)の福祉住環境コーディネーター3級 テーマ別過去問題&模試

福祉住環境コーディネーター検定試験を受験しようと思い、最初に購入した過去問です。

 

参考書も買わずに、いきなり過去問のみを購入して勉強しようとするところが、私らしいです(笑

 

この過去問の特徴ですが、合格するための過去問を厳選して120問掲載しています。

 

この120問を解説まで完全に覚えてしまえば、3級は十分に合格できるレベルに到達します。

 

実際に私は、このU-CAN(ユーキャン)の過去問だけで、90点近い得点で合格しました。

 

赤シートがついており、重要ポイントは赤シートで隠して繰り返し問題を解くことができます。

 

更にこの過去問の良いところは、U-CAN(ユーキャン)オリジナルの予想問題が2回分付いてくる点です。

 

ですが、私は予想問題に挑戦せずに、本試験に挑みました。

 

U-CAN(ユーキャン)の福祉住環境コーディネーター2級 テーマ別過去問題&模試

3級問題集の2級バージョンと思ってください。

 

2級になると、3級の120問の厳選問題からプラスされ、160問近い問題が用意されています。

 

3級に比べ、2級は40問も覚える問題が多く、更に内容も難しくなっているので、3級以上にしっかりと過去問を解き、解説を覚え込んでいく必要があります。

 

2級の過去問と3級の過去問を覚え込むことができれば、2級に十分合格できるレベルに到達します。

 

私はこの過去問と一問一答を使い、90点近い得点で合格しました。

U-CANの福祉住環境コーディネーター2級 これだけ! 一問一答&要点まとめ

私が最も愛用していた一冊です。

 

新書サイズでコンパクトなのにも関わらず、800問近いマルバツ問題が用意されています。

 

一問一答の最大のメリットは、そのコンパクトさから、出先での勉強や家でも机に向かうことなく勉強ができてしまう点があります。

 

出勤・通勤途中に、仕事・学校の休憩時間に、帰宅後の風呂の中で、就寝前にベッドの中で、場所を問わずにいつでもどこでも勉強できます。

 

こうしたスキマ時間を活用することで、効率よく勉強を進めることができるので、一問一答を使った勉強方法は、短期合格・一発合格の近道なのです。

 

福祉住環境コーディネーター検定試験2級・3級公式テキスト

商工会議所が出版している福祉住環境コーディネーターの教科書です。

 

文字がびっしりなので、正直買うメリットは感じられませんが、過去問の問題文からでは読み取れない福祉用具について、こちらの教科書は写真が掲載されているので、イメージがつきやすいかと思います。

 

福祉用具の確認に使用するならば、高い2級のテキストを購入するよりは、3級を購入した方が、コストパフォーマンス的にもいいと思います。

 

また、本試験の問題はこちらのテキストからの出題となります。

まとめ:2018年度福祉住環境コーディネーター検定試験の教材選び!おすすめの参考書、過去問、一問一答は?

いかがでしたか?

 

福祉住環境コーディネーター検定試験は、参考書を買わずとも、U-CAN(ユーキャン)の過去問と一問一答を、解説まで完璧に読み込み挑戦することで、短期間でも十分一発合格が狙える資格です。

 

参考書や過去問を大量に買い、勉強しようと意気込んだ結果、3日坊主で終了してしまう人の話をよく聞きます。

 

参考書や過去問は大量に買い込む必要はありません。

 

自分が購入して信じた一冊を徹底的にやり込むことが、合格への近道になります。

 

その信じた一冊を繰り返し解き、ボロボロの参考書や過去問を見ることで「自分はこれだけ頑張ったんだという結果と自信が、目に見えるようになります。

 

このブログの記事が、福祉住環境コーディネーター検定試験合格に、一躍買うことができれば本望です。

スポンサーリンク
おすすめの記事