試験勉強に付箋とマーカーは不要!?鉛筆1本だけで十分です。
試験勉強に付箋とマーカーは不要!?鉛筆1本だけで十分です。

こんにちは。

 

12月も中旬になり、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の国家試験もいよいよ近づいてきました。

 

試験勉強も追い込みに差し掛かる時期で、ほとんどの人が過去問や一問一答を解きつくしているかと思います。

 

これから勉強を始めようとしている方も、遅くはないので、一発合格を目指して頑張りましょう。

 

今回の記事ですが、試験勉強に付箋とマーカーを使っている方がいると思います。

 

重要だと思うページに付箋を貼る、重要な語句や文章にマーカー線を引く。

 

もうどの試験勉強でもお馴染みです。

 

ですが、数多くの資格試験を受けてきた私が、付箋やマーカーが必要ないと思った理由を書いていきます。

 

スポンサーリンク

付箋やマーカー線で重要ポイントにチェックを入れても見直さない

参考書や問題集に付箋やマーカー線を引く理由はなんですか?

 

おそらく、もう一度テキストを見直すときに、重要なポイントだけチェックを入れておくことで、見直ししやすいと思い、チェックしているかと思います。

 

ですが、見直すときに、その付箋やマーカー線は効果を発揮しているのかどうか?というと、おそらくあまり効果がないかと思います。

 

実際に私も以前は、参考書や過去問の解説にマーカー線を引いていたことがありましたが、再度同じページを読んだときには、線を引いた箇所を重点的に読んだことがありませんでした。

付箋やマーカー線を引くことで勉強した気になる

資格試験勉強では、暗記して更に理解していくことが大切になってきます。

 

ここでは試験に受かることだけについて話を進めていきますが、本試験で実力を発揮するには、覚えた量=情報量で勝敗が決まります。

 

つまり、試験当日までに、いかに内容を覚えられるかが大切になってきます。

 

覚えるには、参考書を何回も読む、過去問を何回も解く、一問一答を何回も解くなど、方法は様々です。

 

そこで付箋を貼る、マーカー線を引くといった”作業”をした場合、勉強=付箋貼りとマーカー線引きになっていませんか?

 

付箋やマーカーで線を引くのは、あくまでも”作業”であり、勉強ではありません。

 

自分は勉強したつもりでも、模試などで点数が伸びない場合、テキストに付箋貼りやマーカー線を引くことに集中しすぎてしまい、肝心の内容を全く覚えていなかったなんてことがあるので、そこは注意です。

付箋貼りやマーカーで線を引いたテキストを見ることで得る、勉強したぞ!達成感に注意!

付箋をたくさん貼ったテキストやマーカーでたくさん線を引いた問題集を持った人と、参考書を読み込んだ形跡はあるけど、付箋やマーカー線が全くない人では、どちらが模試や本試験で得点できるのか?

 

答えは後者で、参考書・過去問・一問一答を読み込むことで、テキストの内容をしっかり覚えています。

 

前者は付箋やマーカーにカモフラージュされた勉強した気になった人なのです。

 

私は以前、もらったRB(レビューブック)でMy RB(マイレビューブック)を作成しようと、付箋やマーカー、ネットから拾ってきた情報をたくさん貼り、オリジナルテキストを作ろうとしましたが、作成途中で内容を全く覚えていないことに気がつきました。

 

自分では、物凄い勉強した気になっていましたが、現実は勉強した気になっているだけでした。

 

すぐに過去問中心の勉強に切り替えましたが、付箋貼りやマーカー線引きの効果の低さが伺えます。

今からでも遅くはない、テキストをとにかく読もう!

 一生懸命付箋貼りやマーカーで線を引いている方がいましたら、今すぐそれを中止して、手持ちのテキストを何度も読みましょう。

 

1回より2回、2回より3回読むことで、テキストの内容は頭に入ってきます。

 

5回、10回読んだ場合、もう完璧でしょう!

 

本試験で100点超えも夢ではありません。

 

他のブログでも似たようなことが書いていると思いますが、同じテキストを繰り返し読む、繰り返し解くということが、試験勉強では大切です。

間違えた問題、怪しいなと感じた解説などには鉛筆でマル印をつけよう!

タイトルにある鉛筆1本の使い方ですが、過去問・一問一答を解いていて、何周したのにも関わらず、必ず間違える問題や解説がイマイチ理解できない問題があると思います。

 

そんなときは、問題番号に鉛筆でマル印をつけましょう。

 

次回からその問題集を解くときは、マル印がついた問題のみを解くことで、時間短縮になります。

 

完璧な問題は、何回解いても完璧に解答できるので、繰り返し解くと時間のロスになってしまいます。

 

解説についても同じことが言えます。

まとめ:試験勉強に付箋とマーカーは不要!?鉛筆1本だけで十分です。

いかがでしたか?

 

付箋貼りやマーカーでの線引きは、あくまでも”作業”です。

 

勉強ではなく、勉強した気になっているパターンが多いので注意が必要です。

 

模試で点数が伸びないと感じている方は、自分の勉強方法について、もう一度見直しをしてみてください。

 

もしかしたら勉強した気になり、模試を受験していませんか?

 

付箋やマーカーは一度片付けて、手元に鉛筆1本を用意して勉強してみてください。

 

きっと効果が出ること間違いなしです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事