20代の私が転職を考えた理由が、50代の威張るババアが転職してきたからです!
20代の私が転職を考えた理由が、50代の威張るババアが転職してきたからです!

こんにちは、カイゴ秘書と申します。

 

職場には人間関係がつきものです。

 

20代ですと、キャリアアップやスキルアップしたいから転職を考える人が多いと思います。

 

だけど、私の場合は違いました。

 

元々、今の職場が好きだったのに、あいつさえ転職してこなければ!と思う日々。

 

あいつのせいで、私のストレスがどれだけ増えたか、今まで大好きだった職場が、あいつのせいで全部台無しになった。

 

そう考えた時、ふと転職すればこの悩みが解決されるのでは?と考えるようになりました。

 

今回ですが、20代の私と50代の威張るババアのお話です。

 

スポンサーリンク

同僚の紹介で、突然転職してきた50代のクソババア!

同僚Iは元々、近隣の施設で働いていました。

 

その近隣の施設は、仕事がキツイで有名なところで体力的に限界を感じ、人間関係が悪いと噂の私が働いている病院に転職してきました。

 

同僚Iが病院で働いていると、噂とは違い人間関係も良く、体力的にも物凄く楽なので、同じく体力的に限界を感じている60代の女性と50代の女性に、私が働いている病院を紹介しました。

 

これが悪夢の始まりでした。

 

私の働いている病棟に、威張りババアは配属されることになったのです。

口癖は「前の職場ではこうだったのに、ここでは...」

転職してきたばかりで、経験はあるけど新人の威張りババア。

 

何かにつけて「前の職場はキツかったけど、ここは楽だね!」と嫌味ったらしく言ってきます。

 

衝撃的だったのが、同僚Nに「あなたここがキツイなんて言ってたら、あそこなんて働けないわね!」

と言ったことです。

 

同僚Nは「あの人にあんなこと言われてイライラする!あの人何様なの!?」

 

と怒っていました。

 

しかも、新人なのに上から目線で慣れ慣れしく、威張りちらかしながら。

 

せっかく、自分にとって居心地のいい職場なのに、威張りババアのせいで台無しになってたまるか!絶対に反撃して黙らせてやる!

 

もうこうなったら意地ですよね。

次第に他人のやり方にまで口出しをしてくる威張りババア

私が働いている職場は、マニュアルというマニュアルもなく、ある程度仕事を覚えたら後は個人のやり方で仕事を進めても問題がない職場です。

 

残業もなく定時ピッタリで帰れるので、本当に楽な職場だと私も思っています。

 

今の職場はとても楽!

 

楽なものだから、威張りババアは人のやり方にまで、口を挟んできます。

 

新人なのにです。

 

「その患者さん、湯飲みで飲ませるよりも、水呑みで飲ませた方が飲むよ!どれ、私がやってみせましょうか?」

 

と言い、私が水分摂取の介助をしていた患者さんを奪っていく始末です。

 

新人なのに、どれだけ自分が偉そうで、自己中心的なのかわからないらしく、周りからも「あの人嫌い」と噂されるようになってきました。

 

ろくに仕事もせず、新人なら誰しもが、がむしゃらに働かなければいけないのに、椅子に踏ん反り返り、指示を出しては嫌味を言ってきて、満足そうに去っていきます。

 

だんだんと対応にも困ってきました。

威張りババアの心理を考えてみた

威張りババアは今の職場では新人ですが、介護のキャリアは20年近くあるベテランです。

 

偉そうな人、威張る人、自己中心的な人、上から目線の人の心理はどうなっているのか、私なりに調べて考えました。

偉そうな人、威張る人の特徴

偉そうな人、威張る人は他人より優位に立ちたい心理が働いています。

 

つまり、他人をコントロールしたがります。

 

他人をコントロールするためには、相手より偉くなくてはいけません。

 

なので、偉そうな人、威張る人は、端から見たら全く偉くもなく凄い人でもないのに、威張ることで相手に「自分は凄い人なんだ!偉い人なんだぞ!」とアピールをしてくる訳です。

 

精神的に弱い人なんかは、その罠にはまってしまい、まんまと偉そうな人、威張る人のコントロール下になってしまうのです。

 

そうして、コントロールできる人を少しずつ増やしていき、権力を伸ばしていく訳ですね。

裏を返せば寂しい人、残念な人

普通の人は、威張ったりして仲間を増やすことなんてしませんよね。

 

普通に友達ないし仲間になり、同じ目線で会話や交流をします。

 

ですが、威張る人は、自分が凄い人だと相手にアピールすることでしか、友達や仲間を集めることができません。

 

裏を返せば寂しい人なのです。

 

威張ったり、相手をコントロールすることでしか、友達や仲間を作ることができないのですから。

認めてもらいたい!

転職初期では、どうしても個人にブランド力はありません。

 

例えば、前の職場で威張りババアがものすごい仕事ができる人で、誰からも尊敬される存在だったとしましょう!

 

前の職場だと、威張りババアがいないと仕事が回らないくらい、威張りババアにブランド力があります。

 

周りからも認められ、尊敬される存在なのですから、そりゃ!居心地はいいです。

 

ですが、一旦転職をすることで、威張りババアブランドが無くなります。

 

新しい職場で、いかに前の職場で個人のブランド力があっても、そんなの転職先の人間が知るはずもなく、経験はあるけど新人という目線で見てきます。

 

居心地が良かった環境から、一気に自分を見下すような環境になってしまうのですから、早く自分を認めてもらって、個人のブランド力を回復させたい訳です。

 

手っ取り早く、個人のブランド力を回復させる方法。

 

それが、偉そうにする、威張ることなのです。

 

偉そうにしたり、威張ったりすることで、周囲から「この人凄い人なんだ!」と思われ、凄い人ブランドがつきます。

 

そう、凄い人ブランドがつくことで、居心地が良くなる訳です。

威張りババアに嫌気がさした頃、体調がおかしくなりました

威張ることで、自分のブランド力を得ようとしている威張りババアがいる反面、命令されたり、上から目線で接されたりすることが続き、とうとう体調を崩してしまいました。

 

段々と威張りババアと顔を合わせることが、嫌になってきたのです。

 

顔を合わせる度に、

 

「何か嫌みを言われたらどうしよう。。」

 

そんなことを考える日々が続きました。

 

夜、寝る前に「明日も顔を合わせるのか」と考えるだけで、胸が重くなり、21時に寝ても2時には目が覚めてしまい、そこから眠れなくなる日々。

 

睡眠もままならなくなり、日中も睡魔との戦いでした。

 

食欲もなく、普段の半量も食べることが出来ず、痩せていく一方でした。

人間関係が嫌になったら、仕事を辞めて転職を考えた方がいい

人間関係で仕事を辞めたら、次の転職に響くのではないだろうか?と今まで思っていました。

 

世の中には、人間関係が悪くても我慢をして仕事を続けている人、人間関係も仕事と割り切っている人がいるにも関わらず、自分は我慢することができない、自分は甘えているだけ!

 

そう思いました。

 

ですが、体調に変化が生じてきたら、今の仕事を辞めて転職を考えるべきです。

 

具体的には、

・胸が重くなる
・食欲がなくなる
・朝早く目が覚めてしまう
・寝付けない
・突然高熱が出たと思ったら、風邪でもなく数日で下がる
・記憶力がなくなる

そう、この症状は「適応障害」の一歩手前です。

 

適応障害とは、はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害のことをいいます。 (Wikipediaより引用。)

 

職場の人間関係でストレスを感じているなら、そのストレスから切り離せば、症状が消失するので、体調に異常を感じたら我慢せずに、さっさと転職するべき理由は、ここにあります。

 

適応障害はストレスから切り離さず、我慢してそのままにしておくことで、うつ病に発展してしまう恐ろしい病気です。

 

うつ病になると、精神科病院に受診して、薬物治療や最悪の場合、入院して治療していかなければいけません。

 

精神科は一度入院すると、体調が回復するまでなかなか退院できず、2年~3年と長期入院してしまうケースもあります。

 

そうなる前に、転職して普通の生活を送った方がいいですよね。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう!

 

効率的に転職活動を進めるために、プロである転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうのが一番楽です。

 

転職エージェントは無料で利用できて、あなたの転職の悩みを解決してくれ、あなたのために厳選した優良求人を紹介してくれます。

 

履歴書・職務経歴書などの書類作成方法、面接のノウハウのアドバイス、面接日の設定、給料・待遇などの雇用条件の交渉まで、プロの目線からサポートしてくれます。

 

未経験だと志望動機の書き方に悩むことがありますが、コンサルタントと一緒に考えることができるので、1人で考えるよりも、濃厚な志望動機を書き上げることができます。

 

中には、人間関係や離職率などの会社の内部事情まで伝えてくれる転職エージェントも存在します。

 

事前に転職先の情報が入るのでホワイト企業orブラック企業の判断、劣悪な人間関係の職場を避けることができます。

 

転職エージェントとのやりとりは、メールか電話が基本なので(中には直接面談するケースもあり)会社にばれる心配もありません。

 

 

転職初心者の方が、働きながら1人で転職活動を進めるには限界があります。

 

特に20代の転職初心者や30代・40代の転職適齢期を過ぎた方は、転職の悩みは尽きません。

 

転職に成功している人と失敗している人の違いは、無理に1人で転職活動をして失敗するか、転職エージェントのコンサルタントサポートを受けながら転職活動をして成功するかの違いです。

 

転職・就職活動に失敗しないためにも、転職エージェントに登録して、コンサルタントを受けるのが1番ベストな方法ですし、働きながら転職活動を進める上で心理的にも楽です。

 

 

転職エージェントは非公開求人を数多く取り扱っているので、思わぬ求人と出会えます。

 

非公開求人の中には、無資格・未経験の向けの優良求人も数多く眠っていますし、有資格者向けの求人や管理職向けの求人もあります。

 

非公開求人の紹介は、転職エージェントへの登録が基本となりますので、まずは転職エージェントに登録をしましょう。

 

非公開求人に出会うことで、人生の選択肢を広げることもできます。

 

高卒・大卒などコンサルタントに細かく自分の経歴や希望を伝えることで、あなたにとってマッチングした求人を紹介してもらえます。

 

効率的に転職活動を進めるためにも、今回おすすめしたい転職エージェントが次のサイトです。

 

 

スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護は、業界最大手で全国対応の福祉系転職エージェントです。

 

こちらの転職エージェントの特徴で、人材コンサルタントが親身になり転職相談を受けてくれます。

 

運営母体が福祉施設や介護施設を運営しているので、現場をよく知っているコンサルタントばかりです。

 

求人数も他の福祉系転職エージェントと比べ多く、自分の転職ニーズにマッチングした求人と出会えることができます。

 


 

・スマイルSUPPORT介護 登録はこちら【5分で完了】

ここがおすすめ!
・業界最大手の転職エージェントなので、安心して利用できる
・福祉系転職サイトの中では、求人数が一番多い
・生活相談員特集、ケアマネジャー特集などがあり、求人が探しやすい
・管理職専門のハイクラス求人がある

転職エージェントに登録して、一度担当者の面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

 

きっと、あなたが満足いく転職活動になりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事