緊張しないで落ち着いて解答できる!試験当日に私が持ち込んだ秘密のアイテムを紹介します!
緊張しないで落ち着いて解答できる!試験当日に私が持ち込んだ秘密のアイテムを紹介します!

こんにちは。

 

試験当日は、どうしても緊張してしまうもの。

 

「勉強した内容が、試験で出なかったらどうしよう!」

 

「緊張して、頭の中が真っ白になったらどうしよう!」

 

と、誰しもが考えてしまいますよね。

 

今回は、試験当日に本領発揮ができるよう、緊張を和らげる秘密のアイテムをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

試験当日、どうしても緊張してしまう

これ、私なんですけど、以前はよく試験当日になると緊張してしまい、頭の回転が鈍っていました。

 

試験中は解けなかった問題が、試験後に解いてみると、

 

「あっ!あの過去問の問題か!?」

 

といったことが多々ありました。

 

緊張すると、それだけ脳の回転が鈍ってしまうんです。

緊張の原因

試験時に緊張してしまう原因ですが、いくつかあります。

場慣れしていない

試験本番、会場のピリピリした雰囲気。

 

皆精神統一したり、参考書を最後まで読み込んだり必死です。

 

試験に合格するために、最後の最後まで手を抜かないで勉強しています。

 

その雰囲気に圧倒されてしまってはダメです。

 

公務員試験辺りですと、大多数が記念受験かもしれません。

 

社会福祉士だと、記念受験の学生もいます。

 

中には試験勉強が全くできずに本番を迎えて、試験前の今、駄目元で勉強している人もいるかもしれません。

 

人それぞれなので、試験会場の雰囲気に圧倒されることはないと思います。

 

逆にその雰囲気を、

 

「俺(私)は今日まで抜かりなく勉強してきた!周りには負けないぞ!」

 

といったオーラーを出すことが、自分に自信がつきますし効果的です。

もしも・・・といったプレッシャーを感じる

「もしも、試験に落ちてしまったら!」

 

「もしも、勉強した内容が出なかったら!」

 

「もしも、0点科目があったら!」

 

不安を感じるとキリがありません。

 

しっかり勉強してきたのなら、不安を感じる必要はないです。

 

勉強した内容外のことが試験で出題された場合、自分がわからないのだから、周りもわかる訳がないと思ってください。

 

参考書や過去問に載っていること以外のことがでるのですから、誰もわかる訳がありません。

 

実務に直結した内容ならば差はありますが、歴史や人物名ならば、よほどのマニアか大学教授くらいしか解答できないでしょう。

 

なので、自分が勉強した範囲で、それ以外から出題された場合はキッパリと諦めてください。

 

その分、わかる問題で得点を稼げば良い話です。

「試験開始っ!」と言われるまでの時間

この待ち時間、本当に長いです。

 

問題用紙と解答用紙を配られ、解答方法を説明された後、試験開始の合図があるまで15分近くあります。

 

その間、シーンとした空気の中、ひたすら待っているのですが、その待ち時間で緊張してしまうんです。

 

そういうときは余計なことを考えず、

 

「早く問題を解こうぜ!ゲームの開始だ!」

 

と思っていると平常心を保てます。

私が試験会場に持ち込んだ緊張を和らげるアイテム

精神的なストレスを緩和する「GABAX(ギャバックス)」というサプリメントですが、元々は公務員試験の面接を受ける際に使っていました。

 

ガチガチに緊張してしまう私でも、試験当日の本番前にこれを飲むことで、程よい緊張で問題を解くことができました。

 

これはGABAXの容器に書かれていることですが、GABA(ギャバ)とは「動物や植物の中に広く存在するアミノ酸の一種。人間の身体の中にも含まれている。重要な神経伝達物質のひとつです。」

 

一回の摂取目安量ですが4粒で、1日1回まで、水やお湯と飲みましょう。

 

GABAXは、三福祉士の国家試験に限らず、例えば看護師の国家試験や宅建の国家試験、就職面接、入試やセンター試験などでも活用することができます。

 

学校の中間考査や期末考査などの定期試験でも使用可能なので、あがり症の人には必須アイテムと言えるでしょう。

試験当日、快適に試験を受けるために私が選んだ4つのアイテム!

試験を受けるためには、受験票と筆記用具さえあれば十分ですが、より試験を快適に受けるために、私が試験会場へ持ち込んだらいいと思う、おすすめの品4点をご紹介します。

 

こちらのアイテムを使うことで、集中力がよりアップする可能性もありますし、試験会場で困りそうな出来事も回避することができます。

 

まとめ:緊張しないで落ち着いて解答できる!試験当日に私が持ち込んだ秘密のアイテムを紹介します!

いかがでしたか?

 

試験当日はどうしても緊張して、逆に緊張しない人の方が珍しいです。

 

緊張しすぎも問題ですが、緊張しなさすぎも問題なので、程よい緊張感の中、解答できることが一番です。

 

私の紹介したGABAX(ギャバックス)で緊張をコントロールすることも、一つの方法なので、気になる方はぜひ試してみてください。

試験前にチェックしたい記事3選

試験前に「この記事を読んでおけば得点が少しアップするかも!?」しれない私の試験テクニックをご紹介します。

 

三福祉士の国家試験は、試験テクニックを知っているだけで解けてしまう問題があるので、一度目を通してそのテクニックをマスターしていってください。

マークシートのマークミスを防ぐ方法!

これ、毎年必ず何人かやってしまう凡ミスだと思うのですが、マークシートのチェックミスさえしなければ合格していたのに!といった悲劇もあります。

 

折角受験して、マークミスで不合格だなんて悲しいですよね。

 

試験当日の緊張した中、いかにマークミスを無くすか!その方法をご紹介します。

 

私は試験テクニックを使って、5点は稼げました!

意外と知られていない試験テクニック。

 

試験は真っ向から勝負してもダメです。

 

時には横からズルい方法で解答を導く手段も必要です。

 

試験テクを使えば、全くわからない問題でも解けてしまうことがあります。

 

運が良ければ、わからない問題なのに5点も得点できてしまうこともあります。

 

試験テクを知りたいなら、下記リンクの記事を読んで得点アップを目指そう!

 

科目別難易度を知ろう!

毎年、科目別難易度が変化しています。

 

相談援助の基盤と専門職が簡単な年度があれば、難しい年度もあったり、現代社会と福祉が簡単な年度があれば、難しい年度があります。

 

これを知らなけらば、過去問では解けていた簡単な科目が、実は今年は難しい科目で全然解答することができず、その後ズルズルと失敗を引きずってしまい、試験全体に悪影響を及ぼします。

 

そうならないためにも、難しい問題は解けないと割り切り、簡単な問題で得点していく必要があります。

 

簡単な科目と難しい科目が年度によって変わってくることを、知っていることで、心構えは違ってきますよね。

 

詳しくは下記リンク記事で紹介しています。

 

資格試験に合格して就職・転職をしよう!

このブログのテーマでもある、三福祉士の資格を取得して「なりたい自分になる!」ためにも、最後の就職・転職の段階でミスをしてしまってはいけません。

 

三福祉士の資格を取得して、

 

「あとは公務員とかになれればいいかなー?」

 

なんて甘い考えではいけませんよ!

 

社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士でも様々な分野があり、公務員と一口に言っても、たくさん就職先が存在します。

 

就職・転職に向けて、自分に合った仕事はどの分野なのかしっかりと見極めるためにも、STEP6を通して、最後の最後までサポートしますので、よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事