知っておきたいノロウイルスの症状と対策について
知っておきたいノロウイルスの症状と対策について

こんにちは。

 

冬も近づいてきていて、そろそろインフルエンザやノロウイルスが流行り始める時期です。

 

「ノロウイルスの名前は聞いたことあるけど、実際どう対処していいのかわからない。」

 

「ノロウイルスにかかるとどんな症状なのか知りたい!」

 

介護福祉士国家試験でも過去に出題されたノロウイルスについて、今回は紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ノロウイルスとは?

ノロウイルス(Norovirus)は、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一属である。 感染者の糞便や吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染するほか、河川を経由して蓄積された貝類の摂食による食中毒の原因になる場合もある。 ノロウイルス属による集団感染は世界各地の学校や養護施設などで散発的に発生している。 「NV」や「NoV」と略される。 (Wikipediaより)

症状と潜伏期間

 ノロウイルスは感染すると、24時間~48時間の潜伏期間を経て、高熱や下痢、嘔吐を繰り返します。

 

その他、腹痛の症状もみられます。

 

私も実際になった感想ですが、発熱と同時に二日酔いのときのような胸のムカムカ感に襲われ、その後嘔吐しました。

 

嘔吐後は、38度以上の高熱が丸一日続き、その後は下痢が数日続きました。

 

同僚のHさんは、激しい嘔吐に襲われ、その後数日下痢が続いたそうです。

 

数日から1週間ほどでノロウイルスの症状は治まりますが、その後1ヶ月ほど便などからウイルスが排出され続けるので、自分が完治したあとも注意が必要です。

潜伏期間と症状
  • 潜伏期間は24時間〜48時間
  • 症状は高熱
  • 下痢・嘔吐・腹痛 ・数日から1週間ほどで完治
  • 完治後も1ヶ月は便からウイルスが排出

ノロウイルスの感染力と二次感染

ノロウイルスには驚異的な感染力があります。

 

インフルエンザにも強い感染力がありますが、ノロウイルスは正しい対処を行わなければ、同じ室内にいる全員が感染してしまうほどの感染力があり、インフルエンザより厄介なウイルスです。

 

ノロウイルスの感染源は、3通りあります。

食中毒

よくノロウイルスと生牡蠣の話を聞きますが、ノロウイルスに感染した生牡蠣や貝類を加熱せずに食べた場合、感染する可能性があります。

 

食中毒の場合は、貝類の加熱不足の他に、ノロウイルスに感染した人が、十分な手洗いを行わずに調理を行った場合、調理した食品にノロウイルスが付着して、それを食べた場合に感染してしまうケースもみられます。

接触感染

ノロウイルスに感染した食品や嘔吐物・排泄物に触った場合や、感染者の触れたものを触れてしまい、その手を介し口からウイルスが入り、感染してしまいます。

飛沫・塵埃感染

ノロウイルス感染者の排泄物が飛び散り口からウイルスが入ったり、嘔吐物が乾燥して空気中を舞い、それを吸い込み感染したりします。

 

特に嘔吐物が乾き、空気中を舞うと一気に感染が広がるので、感染者の嘔吐物の処理は速やかに行う必要があります。

ノロウイルスの感染力と二次感染まとめ
  • 食中毒・接触感染・飛沫・塵埃感染がある
  • 牡蠣や貝類は十分に加熱する
  • 嘔吐物は速やかに処理する

ノロウイルス感染者の排泄物と嘔吐物の処理方法は?

ノロウイルス感染者の排泄物と嘔吐物は、迅速に処理する必要があります。

 

排泄物や嘔吐物が乾き、空気中に舞うのを防ぐためです。

処理時に必要なもの
  • 使い捨ての手袋(2枚重ねが望ましい)
  • 使い捨てのガウン又はエプロン
  • マスク
  • シューズカバー
  • レジ袋
  • ペーパータオル
  • 水で希釈した次亜塩素酸ナトリウム
汚染物の処理方法
  1. 汚染物が飛び散らないように、ペーパータオルなどで外側から内側に向けて取り除きます。
  2. 汚染した床にペーパータオルを敷いて、希釈した次亜塩素酸ナトリウムを注ぎ、10分程おいた後、ペーパータオルを外側から内側へ向けて取り除きます。
  3. 希釈した次亜塩素酸ナトリウムで浸したペーパータオルで、汚染した床を拭き、最後に水拭きをしたら完了です。
サラヤ株式会社のノロウイルス対策より)

次亜塩素酸ナトリウムの用意をしよう!

ノロウイルスには、次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。

 

「次亜塩素酸ナトリウムって何?」

 

と思う方がいるかもしれませんが、家庭にあるものですと「キッチンブリーチ」がそれに辺ります。

 

次亜塩素酸ナトリウムを希釈しますが、希釈液は0.1%と0.02%に希釈します。

2ℓのペットボトルに0.1%と0.02%の希釈液を作る場合
  • 0.1%→水2ℓに対し、次亜塩素酸ナトリウムを33㎖(嘔吐物に直接使用)
  • 0.02%→水2ℓに対し、次亜塩素酸ナトリウムを7㎖(室内消毒用に使用)

家庭でキッチンブリーチを使うと、ブリーチの匂いで具合が悪くなってしまうことがあります。

 

ブリーチの匂いがキツいと感じたときは、市販されているノロキラーセイバープラスZチャーミスト次亜塩素酸水のJiAREXなどをおすすめします。

 

私がセイバープラスZを使った感想で、成分の中に次亜塩素酸ナトリウムを含んでいるものの、ほとんどその匂いを感じることはありません。

 

ノロウイルスの時期が終わった後でも、部屋で臭いと感じた場所に吹きかけると、臭いが消え、消臭効果もあります。

 

室内で次亜塩素酸ナトリウムを多用すると、中毒にもなってしまうので、ブリーチの匂いがキツく具合が悪くなったら、消毒液をすぐにセイバープラスZにしましょう。

 

ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミストの公式サイトはこちら

 

次亜塩素酸水JiAREXの公式サイトはこちら

ノロウイルスにかかったときの対処法

もしも自分自身がノロウイルスにかかってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

 

ノロウイルスは特効薬もないので、自宅で安静に療養しているのが一番効果的です。

食事は食べずに水分補給を行う

無理に食事をする必要はありません。

 

症状の初期には、食べたことで嘔吐してしまうので、嘔吐による脱水症状を避けるためにも、水分補給をしましょう。

 

ですが、過剰な水分摂取は、逆に嘔吐につながってしまうので、そこは注意が必要です。

隔離部屋を用意する

ノロウイルスは感染力が強いです。

 

同室で過ごしていると、たちまち感染者を増やしてしまう恐れがあるので、隔離部屋を用意しましょう。

お風呂はどうすればいい?

症状がおさまればお風呂に入っても大丈夫です。

 

ですが、1ヶ月ほど便からウイルスを排出し続けるので、公衆浴場は避けましょう。

職場の復帰は?

インフルエンザのように、発症してから5日間休まなければいけないといった決まりはありませんので、症状がなくなったら出勤可能です。

 

ですが、一度職場に連絡をして出勤可能かどうかを確認をしましょう。

ノロウイルスにかかったときの対処法まとめ
  • ノロウイルス初期には食事は控え、水分補給しすぎないようにする
  • 二次感染を防ぐため、隔離部屋を用意する
  • 完治後はお風呂は入ってもいいが、公衆浴場は避ける
  • 職場復帰は会社に確認をする

まとめ

ノロウイルスはインフルエンザよりも辛い症状が続きます。

 

更に完治後も、1ヶ月は便からウイルスが排出されるので、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が欠かせなくなります。

 

家族や身近な人にうつさないためにも、手洗い・うがいの徹底と、食材は十分に加熱し調理をする、古くなった食材は食べない、といった予防策をしていきましょう。

 

万が一、ノロウイルスにかかってしまった場合でも、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒を徹底し、二次感染者を増やさないよう、十分気をつけましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事