挫折しない勉強計画の立て方!長期間コツコツと勉強をして絶対合格か短期間スピード勉強をして一発合格!
挫折しない勉強計画の立て方!長期間コツコツと勉強をして絶対合格か短期間スピード勉強をして一発合格!

こんにちは。

 

今回は、試験勉強を始めるに辺り「試験勉強計画を立てましょう!」ということで、合格するには勉強スケジュール作成は欠かせないです。

 

学生の人なら、勉強時間を確保することができますが、社会人になると仕事と勉強の両立は簡単なようで難しいです。

 

しっかりと勉強計画を立てることで「今自分が何をすべきなのか?」がわかります。

 

逆に勉強計画を立てないことで、ダラダラと勉強してしまい「自分が想像していた以上に勉強ができなかった」「試験までに問題集が終わらない」なんてことになります。

スポンサーリンク

大まかな勉強計画をスケジューリングしよう!

いきなり勉強計画を立てようとしても、どのように立てていいかわかりません。

 

入念にスケジューリングしようとすると、スケジューリングに集中してしまい、勉強が全く進まないなんてことになりかねません。

 

そこで、一度大まかな計画を立てることをおすすめします。

 

例えば、

大まかなスケジュール計画例
  • 7月〜9月→一問一答を解く
  • 10月〜12月→過去問を解く
  • 1月→国試ナビを読む、模擬問題集を解く

このように、まずは大雑把に計画を立てます。

月ごと週ごとに、どのように勉強を進めるのか決める

月ごと、週ごとにどこまでテキスト、問題集を進めるのか決めていきます。

 

例えば、

月ごとのスケジュール計画例
  • 1週間に2章進める
  • 1ヶ月で問題集の半分を終わらせる

など。

予備日と休日を決める

勉強計画を立てても、思うように勉強が進まないことがほとんどです。

勉強計画通りに勉強が進まない例
  • 仕事から帰ってきて、疲れて寝てしまった!
  • 急に飲み会の用事が入った!
  • 仕事で残業をしなければいけなくなった!
  • 夜勤の日なので、勉強ができない!

など。

 

せっかく計画を立てたけど、思うように進まないときのために、予備日を作ります。

 

ここでの予備日とは、計画した勉強スケジュールが終わっていないとき、リカバリーできる日のことを指します。

 

予備日とは別に、必ず休日を作りましょう。

 

休日を設けることで、勉強にメリハリが生まれます。

 

勉強するときは勉強をする、休むときは思いっきり遊ぶ!

 

など、心のリフレッシュも大切になり、勉強のモチベーションアップにも繋がります。

入念すぎる計画は作らない

勉強計画は、ある程度大雑把な計画にすることをおすすめします。

 

入念すぎる計画を作ることで、計画に縛られてしまうと、勉強に対する義務感が生じ、モチベーションの低下にも繋がります。

 

最初に大まかな計画を立て、月ごとと週ごとの計画を大雑把に作成し、実行することで義務感も生じることなく、長く続けられます。

 

「勉強はしたくない日はしなくていいんです!」

 

長く勉強していると、集中できない日も出てきますが、そんなときは予備日でリカバリーするようにしましょう!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事