必見!35歳以上でも転職は可能か!?未経験でも正社員になれる方法とは!?
必見!35歳以上でも転職は可能か!?未経験でも正社員になれる方法とは!?

35歳以上の転職と聞くと、様々な事情があるかと思います。

 

男性ですと会社が倒産した、リストラにあった、etc…

 

女性ですと子供の学費を稼ぎたい、老後の蓄えにしたい、etc...

 

35歳からの転職と考えると、正社員希望で未経験では書類選考で落とされるなんてことはザラで、面接まで行ってもなかなか採用までは結びつかない人が多くいます。

 

新しい就職先が決まらないと生活に不安を感じ、ましてや求人を見ても正社員ではなく契約社員や派遣社員、パート・アルバイトの求人だらけなんてこともありますよね。

 

「不安定な契約社員や派遣社員ではなく、雇用条件が安定している正社員で働きたい!」

 

そこで、よくハローワークでは介護職への転職をおすすめしていますが、介護職は正社員になれる可能性が非常に高いことをご存知でしょうか。

 

今、介護業界は人手不足であることをご存知の人は多いかと思いますが、本当に人手不足で国はEPAによる介護士候補者を受け入れ、介護人材不足を外国人労働者で補おうとしています。

 

高齢化社会と騒がれているのに、それくらい介護業界では人手不足なのです。

 

インターネットで介護職の求人を検索していても「正社員で未経験資格なしOK!」などの求人をよく目にします。

 

正社員希望で35歳以上の転職は世間一般的には厳しいと思われがちですが、介護業界なら経験なしでも正社員になれる道が用意されているので、決してそんなことはありません。

 

介護職だと一般的な職種よりも平均年収が低めで高収入は望めませんが、未経験からでも、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)→実務者研修→介護福祉士→介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得していくことで、年収をアップさせることができます。

 

今回は正社員希望、35歳以上で介護職に転職できるのかどうか、書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

介護職は若い人の方が採用されやすい!?

介護職は体力勝負!

 

若い人の方が採用されやすいと思っていませんか?

 

そんなことはありません!

 

確かに介護職は体力勝負の部分はありますが、介護する上で一番大切になるのが、利用者とのコミュニケーションです。

 

コミュニケーションは、人生経験が豊富な30代、40代、50代の人が有利に働く部分があります。

 

20代の若い人だと、どうしても利用者と話をしていても、趣味や嗜好、人生経験上から話のズレが生じる部分がでてきます。

 

なので、若い人が採用されやすいとは一概には言えません。

 

周りには、59歳で介護職の正社員になった!という人もいます。

 

その人は、趣味だったギターをレクリエーションに取り入れ、ギターを使ったカラオケや音楽鑑賞で一役買っています。

 

今まで趣味でやってきたことが、誰かのために役に立つなんて魅力的ですよね。

 

そして介護の仕事は、年齢よりはヤル気の方が採用にあたり重視されやすいです。

 

若いからといって決して採用されるとは限りません。

 

例えば、とってもヤル気のある50代の人とヤル気のなさそうな20代、もしあなたが経営者なら、どちらを採用しますか?

資格は必要なのか?

介護の仕事に就くには資格がないと就けないと思っている人がいるかもしれません。

 

この業界では介護福祉士介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を修了している人は有利ですが、就職するに辺り資格はそこまで重要視されません。

 

何故なら求人を見ていると、無資格でも応募可能な求人が多数あるからです。

 

最初は無資格でも3年働き、450時間の実務者研修を受け、介護福祉士の国家試験に見事合格したならば、あなたにとっても会社にとってもwin-winですよね!

 

最初は何もわからないのは当然で、そこから介護職として伸びしろがあるのかどうかが重要になります。

 

逆に最初から介護福祉士の資格を持っていて、新しい職場のやり方に馴染めないなんて人もいます。

 

それならば、会社もまっさらな何も知らない新人を一から育てていった方が良いと判断するかもしれません。

介護職に有利なキャリアは?

介護職は人と接する職業なので、営業職や接客業をやっていた人が重宝されることをよく聞きます。

 

人と接するといっても、ただ利用者と会話するだけではいけないので、そこでも身振り手振りや表情、笑顔なんかも大切になってきます。

前職が営業職や接客業の人は、それらが自然と身についているので、現場でもすぐに活躍できるのです。

異業種への転職は不安

異業種への転職に不安があるのは当たり前です。

 

やったことのない仕事に、新しい人間関係、そして仕事を覚えなければいけないプレッシャーがあります。

 

不安を感じながら、転職を成功させるためにはどうすればいいのか?

 

  1. 介護の仕事で成功している自分を想像する。
  2. 迷わずに行動する。
  3. 他人の力をフル活用する。

 

1ですが、何もイメージせずに介護の仕事に就き、実際に働いてみてイメージと違ったといったことを避けるためにも、介護の仕事はどんなものなのか想像するのは大切です。
ただ想像するだけではなく、転職で成功した自分を想像することで、介護の仕事へのモチベーションアップにも繋がります。

 

2ですが、転職するに辺り、迷いは禁物です。
迷いを持っていると、面接でも見抜かれます。
迷いは仕事にも影響が出てきますので、転職の際は決断も大切になってきます。

 

3ですが、転職で他人の力を借りることはイメージが湧きにくいかもしれないです。
今、介護業界に精通した転職エージェントを使って、転職を成功させている人がたくさんいます。
まずは転職エージェントを味方につけましょう!

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう!

 

効率的に転職活動を進めるために、プロである転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらうのが一番楽です。

 

転職エージェントは無料で利用できて、あなたの転職の悩みを解決してくれ、あなたのために厳選した優良求人を紹介してくれます。

 

履歴書・職務経歴書などの書類作成方法、面接のノウハウのアドバイス、面接日の設定、給料・待遇などの雇用条件の交渉まで、プロの目線からサポートしてくれます。

 

未経験だと志望動機の書き方に悩むことがありますが、コンサルタントと一緒に考えることができるので、1人で考えるよりも、濃厚な志望動機を書き上げることができます。

 

中には、人間関係や離職率などの会社の内部事情まで伝えてくれる転職エージェントも存在します。

 

事前に転職先の情報が入るのでホワイト企業orブラック企業の判断、劣悪な人間関係の職場を避けることができます。

 

転職エージェントとのやりとりは、メールか電話が基本なので(中には直接面談するケースもあり)会社にばれる心配もありません。

 

 

転職初心者の方が、働きながら1人で転職活動を進めるには限界があります。

 

特に20代の転職初心者や30代・40代の転職適齢期を過ぎた方は、転職の悩みは尽きません。

 

転職に成功している人と失敗している人の違いは、無理に1人で転職活動をして失敗するか、転職エージェントのコンサルタントサポートを受けながら転職活動をして成功するかの違いです。

 

転職・就職活動に失敗しないためにも、転職エージェントに登録して、コンサルタントを受けるのが1番ベストな方法ですし、働きながら転職活動を進める上で心理的にも楽です。

 

 

転職エージェントは非公開求人を数多く取り扱っているので、思わぬ求人と出会えます。

 

非公開求人の中には、無資格・未経験の向けの優良求人も数多く眠っていますし、有資格者向けの求人や管理職向けの求人もあります。

 

非公開求人の紹介は、転職エージェントへの登録が基本となりますので、まずは転職エージェントに登録をしましょう。

 

非公開求人に出会うことで、人生の選択肢を広げることもできます。

 

高卒・大卒などコンサルタントに細かく自分の経歴や希望を伝えることで、あなたにとってマッチングした求人を紹介してもらえます。

 

効率的に転職活動を進めるためにも、今回おすすめしたい転職エージェントが次のサイトです。

 

 

スマイルSUPPORT介護

 

スマイルSUPPORT介護は、業界最大手で全国対応の福祉系転職エージェントです。

 

こちらの転職エージェントの特徴で、人材コンサルタントが親身になり転職相談を受けてくれます。

 

運営母体が福祉施設や介護施設を運営しているので、現場をよく知っているコンサルタントばかりです。

 

求人数も他の福祉系転職エージェントと比べ多く、自分の転職ニーズにマッチングした求人と出会えることができます。

 


 

・スマイルSUPPORT介護 登録はこちら【5分で完了】

ここがおすすめ!
・業界最大手の転職エージェントなので、安心して利用できる
・福祉系転職サイトの中では、求人数が一番多い
・生活相談員特集、ケアマネジャー特集などがあり、求人が探しやすい
・管理職専門のハイクラス求人がある

転職エージェントに登録して、一度担当者の面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

 

きっと、あなたが満足いく転職活動になりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事